元金自由返済方式とは

元金自由返済方式とは、毎月の返済額を自由に指定できる方式のことです。ただし、利息に関しては、毎月支払う必要があります。元金に関しては、お金のある時に返済するだけで構いません。元金自由返済方式は、学生ローンなどで採用されています。
学生ローンのデメリットは3つあります。1つ目は金利が高いことです。学生ローンの金利は15.0%~18.0%です。2つ目は、限度額が低いことです。学生ローンの限度額は50万円です。ただし、限度額まで融資を受けられるとは限りません。3つ目は、ローンを延滞すると自宅に督促状が届くことです。親にバレにくいことが売りの学生ローンですが、延滞すると自宅に督促状が届き、親にバレるきっかけになります。
学生ローンを申込む際は、1つの学生ローンに絞るべきです。複数の学生ローンに同時に申込むと、申し込みブラックとなってしまいます。申し込みブラックになると、審査に通りづらくなるだけでなく、信用情報にも傷が付いてしまいます。急いでお金を借りたいのは分かりますが、複数の学生ローンに同時に申込むのは避けるべきです。
スーパーホワイトとホワイトは、個人信用情報に事故情報が登録されていない人のことを指します。同じようなものだと勘違いしている方も多いですが、スーパーホワイトとホワイトでは意味合いが全く違います。プロミス 口コミを見ると、スーパーホワイトとは過去にクレジットカードやローンなどの利用履歴がない人のことを指します。
一方のホワイトとは、過去に信用情報機関に登録されていたが、5~10年が経過したことにより、信用情報機関に登録されていた個人情報が削除された人のことを指します。そのため、貸金業者からすると、スーパーホワイトかホワイトにお金を貸し付けるのでは、雲泥の差があります。
ある程度の年齢になってクレジットカードやローンなどの利用履歴がないと、過去に何かしらの金融事故があったのではないかと疑われて、審査に通りにくくなることがあります。