安い化粧品でもとにかく時間と手間をかける

私は23歳ごろからシミが気になり始め、美白ケアをはじめました。
スキンケア用品をすべて美白のものに変えましたが、シミは多少できにくくなったかな程度でした。
ある時、テレビで美容家の方が「同じ化粧品でも使い方を変えると効果が全然違う」と言っていたのを聞いて、
手でつけていた化粧水をコットンで優しくつけるようにし、美容液もマッサージをしながら、乳液は手を温めてじんわりとつけるようにし、とにかく丁寧に、時間をかけるようにしました。
そうするようにしてから、人からよく肌が白い、キレイと言われるようになり、美容部員の方からも、「その白さはちゃんとやってる人の白さですね」と褒められるようになりました。
今も美容雑誌やYouTubeなどを見て、マッサージや美肌のツボなどを見て学習しています。
使う化粧品はデパートコスメのように高いものではないですが、使い方を見直し、丁寧に、マッサージなどをプラスするとしっかりと効果が出ます。あとは肌をなるべくこすらないことが大切です。