私は若さだけを持っていた学生時代の時から気になっていた毛穴・・

そうそう若さだけを持っていた大人になる前の時に毛穴を嫌になっていて、ちゃんと卒業してから期待を持ってフェイシャルスキンケアを専門にしている人に行くことにしました。まず詳しい肌がどうかを知るために小振りなレントゲン装置に似たマシンが動きました。私の肌の中の状態が詳しくわかり、恥ずかしいけどシャワーで顔を洗っている事実も明らかに知られてしまったのです。ここまでわかるなんて!すごくびっくりしました。結果はなんと水分、油分ともに不足したドライ肌でした。。
肌に化粧水を効果的に塗布するタイミングは使うときは、お風呂からあがった直後に塗るのがオススメの方法です。入浴後の体は体にある水分をある程度消費していますし、バスタブのお湯の温度によって体の血の巡りもぐっと良くなっていて水分を補給する力が高まっています。口から入れる水分だけではなくお肌から取り込む水分も優れた吸収力で吸収しますから、なにより最初にぬれた体の水分を取り浴室を上がって遅くとも早く3~5分以内にお顔に化粧水を付ける事で、肌に大切な水分がお肌に浸透していきお風呂のおかげで化粧水も優れた効果が得られます。
シミなどは嫌と思いますね。。シミが増えるのを防止するために何よりもしておきたいのは、お肌に水分を与えることそれから日焼けに対する方策です。UVケアは当然のことですが、肌に水分がないとちょっとでも日焼けをして紫外線が肌の深部にまで到達してしまいます。日焼け防止をよすなどというのは言語道断です。またこれまでにシミやそばかすの部分は紫外線と反応しやすくなっているので、コンシーラーを塗ると酷くならずに済みます。
お風呂もつかってメイクをする前にそれと洗顔をして後にも乳液を塗る方がほとんどだと思いますが、乳液が手に残っているならそのまま頭の毛につけてしまいましょう。乳液には髪に嬉しい油分や保湿成分が配合されているので髪の毛がバサつくのを防いで女性らしくしっとりツヤツヤにしてくれます。加えて熱い太陽光や紫外線などによる知らない間に浴びる暑さによるダメージを少なくすることが可能です。つけるのは髪に水分が残っていない状態で塗布するのがもっとも良い方法です。それと出がけにつければ寝癖直しにもなってちょー便利です。
身体を冷やすのはよくないなどと言われています。この身体の冷えに関しては、健康だけじゃなくて外見的な意味でもあまり良くない、ということが言えます。身体を冷やしてしまうと、手足のむくみやすくなり肌が荒れる、というような不調の原因になってしまうので身体を冷やす過ぎないように用心深さがとても大切になるんです。冬の間は季節柄寒くなりますから、特に何も考えずに体をぬくめよう、冷やさないようにしようというふうに服を何枚も着たり身体を温めてくれる飲み物とか食べ物を摂取するようになります。このことは寒さの対策の一環でやっていることですが、これらのことが身体を冷えないようにしてくれています。この身体の冷えにおいて、配慮が欠けてしまうのが夏なんです。外が暑いため意外と見落としてしまうんです。夏場は水分補給する際、冷えたドリンクを飲んでしまいますよね。これが胃腸を冷やす発端になってしまうのです。体を冷やすのは美容の天敵です。美容のための対策として食べ物でも飲み物でも冷えたものを口にし過ぎないことが重要なんです。