金欠生活中に訪れた結婚式の招待状

当時私は地元から離れて都会へ上京したてで、毎月生活費を捻出するだけで精一杯の生活を送っていました。最低限に会社の同僚や先輩に付き合う程度の余裕しか無く、節制を心がけて無駄な出費を極力抑えてようやく生活できる状態。そんな状態の私の元へ、ある日友人が結婚するという連絡が届き、数日後に結婚式への招待状も送られてきました。
地元で仲の良かった友人だったこともあり、どうにか祝ってあげたいのですがどう頑張っても地元へ帰って戻ってくるだけの費用しか用意できず、とてもご祝儀を用意できるような余裕はありませんでした。
そこでお金を用意するためにカードローンの利用を思いつき、銀行カードローンと消費者金融カードローンについて調べたところ、借入額が少ない場合は消費者金融カードローンの方が良い、という情報を目にしたので、消費者金融カードローンを利用することにしました。審査も無事に通り、必要が額を計算し、借り入れ。無事にご祝儀を用意することができました。
カードローンで用意した事は隠していたのですが、何故か無理に祝儀を用意したということが友人にバレてしまい、半ば押し切られる形で返済の手伝いをしてもらいました。
基本的にお金をすぐに用意するということは融資してもらう、という形になります。手続きから借り入れまでの速さを考慮した場合「キャッシング・消費者金融カードローン・銀行カードローン・プロミス 学生ローン」の順番になります。借り入れが可能な額の大きさは「銀行カードローン>消費者金融カードローン>キャッシング」です。
借り入れの難易度は「既にキャッシング機能付きクレジットカードを所有している場合」であればキャッシングの方が簡単ですが、キャッシング機能付きクレジットカードを所有していない場合は消費者金融カードローンへの登録・申請の方が手軽です。